深刻な問題にもなるトイレの水漏れ

深刻な問題にもなるトイレの水漏れ 日常的に使われるトイレは、家庭内にある水回り設備の中でも比較的故障が多い場所です。水回りの設備としてみると複雑な形状の部品が多く、接続部分にも隙間ができやすいため、トラブルとして水漏れがよく見られます。大量の水を使う場所でもあり、水漏れを起こすとどうしても被害が大きくなるため、できるだけ早い修理を考えなければいけません。
集合住宅では、考えられないような額の被害も出します。問題を見つけたときには、自分で直すのか、専門の業者に依頼するのか選択も迫られますが、深刻な問題に発展する前にできるだけ早い修理が必要です。

■わずかでも被害が大きいタンクからの水漏れ

トイレ 水漏れが起きやすい場所はいくつかありますが、中でもタンクは水が漏れたら大きな被害を生み出す部分です。タンクレスのトイレも出てきていますが、まだまだ既存のかたちが数多く使われています。水を貯めこみ、その水量や水圧で洗い流す構造ですが、必要のないときに便器の中にちょろちょろと漏れてくるのも水漏れのひとつです。
タンクの役割は、必要な水量を維持して、必要なときに便器の中に流します。使った分の水は水道から補給されるため、タンクからの水漏れは止まりません。便器の中にちょろちょろと漏れてくるようなケースでも、24時間漏れ続けると驚くほどの水道代がかかる場合がありますのでわずかでも被害は深刻です。

■水漏れが階下に流れたら
タンクから水漏れを起こすと、水道から水が供給され続けるため、そのままでは止まりません。気がつかないうちに外部に漏れてくれば、時間とともに被害が拡大します。床は水浸しになり、床材が水を吸い込み致命的なダメージを受けて交換しなければいけないケースも考えられるでしょう。壁にもかかると、クロスなども傷めます。トイレの外にも流れ出して被害が拡大してしまうと後の掃除も大変です。
集合住宅ではさらに重大な問題に発展することがあります。階下に流れる可能性があるからです。だれもが天井から水が流れ落ちる状況を想定していません。家電製品も上から漏れてくれば、そのまま水をかぶることになるでしょう。パソコンなどは、水がかかって使用不能となり、データも失われるかもしれません。そうなると、被害の額は想像がつかないほど大きなものになります。供給され続けるタンクだからこそ、ほんのわずかでも漏れていれば、早めの修理が必要です。

■締め直しやパッキンの交換で直る場合も

タンク本体だけではなく、給水管や止水栓部分で劣化したりゆるんだりする場合があります。水を供給するための部品に問題があれば、水が漏れる可能性はゼロではありません。いきなり漏れるよりも、わずかな劣化やゆるみから、少しずつ水漏れが始まり拡大していきます。
トイレの接続部品には、パッキンが使われ隙間ができない構造になっています。それが劣化してしまえば、機能が果たせず漏れるケースは考えられます。自分で交換できる部分でもあり、新しいものに交換すれば漏水を止められます。ナットがゆるんでいる場合は締め直せば止まりますが、その際に締めすぎてダメージを与えて破損させてしまう危険性もあるため注意して行うことが必要です。

■まとめ
トイレの水漏れは、水を使う以上リスクがゼロにはなりません。部品も時間とともに自然と劣化するため、タンクなど大量の水を抱える部分は特に注意が必要です。トイレには、他にもいろいろと水が漏れる可能性のある部分があります。便利で快適に使いたいのがトイレなのですから、何か問題があれば、大きな被害を出す前に修理を考えていきましょう。交換やリフォームも視野に入れておけば、さらに快適なトイレ空間も作りだせます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース